相続・遺言は徳永行政書士

福岡県小郡市を中心に活動しています。相続・遺言などでお困りの方、いつでもご遠慮無くご相談ください。

相続手続き・遺言書作成・相談業務を合わせて通算500件を突破した信頼を皆様へ
相続・遺言の専門家がいろんな不安や疑問をサポート致します!
ごあいさつ
「わたしは遺言書を書く必要があるの?」と疑問をお持ち方

遺言書は、法律上効力を有することが大前提です。それに加えて遺言書を書くにあたってのご理由や、相続にあたっての意思、
そして何より遺された家族に対しての思いを書きしるすことで、相続のあり方は大きく変わります。

遺留分減殺請求

被相続人が、遺留分を侵害して生前贈与をしたり遺言をすることは可能ですし、
それらがすぐに無効になるというわけではありません。
しかし、遺留分を侵害された相続人が「遺留分減殺請求」を行使して、遺言による生前贈与や遺言を覆すことができます。
この遺留分の請求は所定の期限があり、無期限で請求できるものではありませんので、請求者は注意が必要となります。

遺留分減殺請求をできる人が、相続開始した事や請求の対象となる贈与または遺贈があったことを知った時から1年
相続開始のときから10年(請求者となる方が認知していない期間も含む)

遺留分権利者

法定相続人のうち遺留分を持っているのは、配偶者、子、直系尊属です。兄弟姉妹は遺留分権利者から除外されます。
相続・遺言の専門家がいろんな不安や疑問をサポート致します!
遺言書 相続 生前贈与 成年後見人 遺品整理

PAGE TOP