相続・遺言は徳永行政書士

福岡県小郡市を中心に活動しています。相続・遺言などでお困りの方、いつでもご遠慮無くご相談ください。

相続手続き・遺言書作成・相談業務を合わせて通算500件を突破した信頼を皆様へ
相続・遺言の専門家がいろんな不安や疑問をサポート致します!
ごあいさつ
「わたしは遺言書を書く必要があるの?」と疑問をお持ち方

遺言書は、法律上効力を有することが大前提です。それに加えて遺言書を書くにあたってのご理由や、相続にあたっての意思、
そして何より遺された家族に対しての思いを書きしるすことで、相続のあり方は大きく変わります。

法的効力:遺言をして法的効力がある内容事項

身分に関すること 婚外子の認知や未成年の後見人の指定、後見監督人の指定ができます。
財産処分に関すること 法定相続人以外への遺贈や、寄付なども指定できます。
相続に関すること 遺産分割の割合を自由に決めることもできますし、相続人の除外や遺言執行者の指定や祭祀の継承者を指定できます。
具体例

◇ 献身的に看病、介護をしてくれた長男の配偶者に遺産を分与したい。
◇ 長い間連添った内縁の妻の今後の生活費を遺産分与で保障したい。
◇ 生前お世話になった恩人に遺産分与で感謝の気持ちを伝えたい。
◇ 実子および非嫡出子の認知や、未出産児をあらかじめ先に認知したい。
◇ 推定相続人の中に相続対象から除外したい相続人がいる。
◇ 土地を売らずにその他の遺産の分割方法を詳細に指定したい。
◇ まだ未成年であったり、障がいのある実子の将来を託す後見人を決めておきたい。
◇ 法定相続人がいないので、自分の財産を社会や福祉のために役立てて欲しい。
◇ 所定の信託銀行などに財産を信託し、死後も財産の管理・運用などをして欲しい。

こころにひびく効力

遺言書の効果は法的な物のみではありません。心情的にも大きな効果を発揮します。
「家族仲良くたすけあってほしい」「あなたとすごせて幸せでした」
こんな言葉は遺された者にとって、最大の癒しとなることでしょう。

無効になる遺言書もある

遺言書は基本的に誰でも作成できます。しかし中には、無効となる遺言書もあります。

相続・遺言の専門家がいろんな不安や疑問をサポート致します!
遺言書 相続 生前贈与 成年後見人 遺品整理

PAGE TOP