読み込み中…

小郡・朝倉相続遺言相談センターの
相続手続きに関する相談事例

小郡の方より相続についてのご相談

2024年07月03日

小郡市 相続手続き

行政書士の先生、相続ははじめての経験ですので、どのような流れで手続きを進めればよいかわかりません。(小郡)

私は小郡在住の30代女性です。先日、小郡の実家で暮らしていた父が急逝いたしました。突然のことでしたが、何とか葬儀は終え、現在は小郡の実家を片付けながら遺品整理をしているところです。
相続についても手続きを進めなければならないと思うのですが、私にとって相続は初めての経験ですので、何から手をつければよいのかわからず、困っています。両親が暮らしていた小郡の実家は父名義のはずですので、手続きが必要ですよね?どのような流れで相続手続きを進めていけばよいか、教えていただけると助かります。(小郡)

相続の一般的な流れをご案内しますが、ご心配があればいつでも相続の専門家へお問い合わせください。

身近な方が亡くなると、遺されたご家族は数多くの手続きをこなさなければなりません。今回は相続手続きの流れについてご質問いただきましたので、一般的な流れをご案内させていただきます。相続手続きは、相続の専門家に代行を依頼することも可能ですので、ご心配やご不明な点がありましたら、いつでも専門家へお問い合わせください。

まずはじめに、被相続人(亡くなった方)が遺言書を遺していないかどうか確認しましょう。相続手続きにおいて優先されるのは、遺言書に記載された遺産分割方針です。遺言書が遺されている場合は、その記載内容に従って手続きを進めましょう。

遺言書がない場合は、以下の流れで手続きを進めていくことになります。

(1)戸籍の収集と法定相続人の調査
被相続人の戸籍をすべて収集します。相続で必要となるのは、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍です。この戸籍をもとに、法定相続人が誰であるかを調べます。併せて、相続人の現在の戸籍も取得しておくとスムーズです。

(2)相続財産の調査
被相続人が生前所有していた財産を調べます。相続の対象となるのは、プラスの財産(預金、不動産など)のみならず、マイナスの財産(借金、ローンなど)も含まれます。ご自宅の登記事項証明書や固定資産税の納税通知書、銀行の通帳や残高証明書など、財産状況のわかる書類を集め、財産目録という一覧表にまとめましょう。

(3)相続方法の決定
遺産の相続方法を検討します。相続放棄または限定承認を選択するなら、「自己のために相続が生じたことを知った日から3か月」の熟慮期間内に手続きが必要です。

(4)遺産の分割方法の決定
遺産分割協議を行い、遺産をどのように分け合うか、相続人全員で話し合います。協議で合意した内容は、遺産分割協議書として書面にまとめ、相続人全員で署名し、実印を押します。

(5)各種財産の名義変更
不動産や有価証券など、相続した遺産の名義を変更する手続きを行います。この時、(4)で作成した遺産分割協議書の提示を求められることがありますので、準備しておきましょう。

以上が一般的な流れですが、ご家庭の事情によって必要となる相続手続きは異なってきます。ご状況によっては家庭裁判所での手続きを要する場合もありますのでご了承ください。
小郡・朝倉相続遺言相談センターでは、小郡の皆様のご状況を詳しくお伺いしたうえで、必要となる手続きをわかりやすく丁寧にご案内させていただきます。初回のご相談は完全無料ですので、小郡の皆様はどうぞお気軽にお問い合わせください。

朝倉の方より遺言書に関するご相談

2024年06月04日

遺言書の作成 エリア 朝倉市 テーマ

遺言書に記載のない財産はどうしたらいいか行政書士の方に伺います。(朝倉)

朝倉の実家に住んでいた70代の父が亡くなり、先日遺品整理をしていたところ遺言書が見つかりました。母親は健在で、父の亡き後も朝倉の実家に住んでいます。葬式は朝倉の斎場で行いました。遺言書の指示通りに遺産分割をしようと、父の遺産と遺言書の内容を照らし合わせていたところ、遺言書に記載のない財産がありました。それは代々朝倉に住む親族から受け継いでいる不動産です。遺言書に指示がないため、この朝倉の不動産はどうしたら良いですか?(朝倉)

遺言書に記載のない財産について遺産分割協議を行います。

遺言書に記載のない財産が見つかった場合、基本的にはその財産について相続人全員で遺産分割協議をおこなって、相続人全員が納得した方法で分割します。ただし、遺言書の中に“遺言書に記載のない遺産の相続方法”などといった文言がある場合はその指示に従ってください。多くの相続財産をお持ちの方は、全ての財産を把握していないことも多く、“記載のない財産”とまとめて遺言書に書かれる方もいらっしゃいます。このような記載がない場合は、先ほど申し上げた通り、見つかった財産について相続人全員で遺産分割協議を行い、分割方法を決めた上で遺産分割協議書を作成します。作成した遺産分割協議書は、不動産の登記変更の際にも必要となりますので保管しておきます。遺産分割協議書の作成にあたっては、形式や書式、用紙について特に規定はありません。手書きでもパソコンでも作成できますが、内容確認後は、相続人全員に署名捺印し、印鑑登録証明書を準備します。

朝倉近郊にお住まいの皆さま、遺言書の作成は相続において非常に大切な生前対策のひとつです。法律上無効となる遺言書を作成してしまうと時間も労力も無駄となってしまいますので遺言書を作成する際には専門家の豊富な知識に頼ることをお勧めします。

小郡・朝倉相続遺言相談センターは、相続手続きの専門家として、朝倉エリアの皆様をはじめ、朝倉周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。
小郡・朝倉相続遺言相談センターでは、ご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、朝倉の地域事情に詳しい行政書士が親身になってサポートさせていただきます。まずは小郡・朝倉相続遺言相談センターの初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。小郡・朝倉相続遺言相談センターのスタッフ一同、朝倉の皆様、ならびに朝倉で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

小郡の方より相続についてのご相談

2024年05月07日

相続手続き 小郡市

なるべく手間をかけずに相続手続きを終えたいのですが、遺産分割協議書の作成は省略しても問題ないのか、行政書士の先生にお伺いしたい。(小郡)

遺産分割協議書について行政書士の先生に質問があります。私は小郡在住の40代男性です。小郡の実家で暮らしていた父が先日亡くなりましたので、現在相続手続きを進めています。
小郡の自宅で遺品整理をしましたが遺言書らしきものは見つかりませんでした。父が遺した財産は、小郡の自宅、預貯金が数百万ほどです。母は他界しておりますので、相続人は私と弟の2人だけで、どちらが何を相続するかについてはある程度話がついています。相続について今後弟と揉めることもないでしょうし、遺産分割協議書の必要性をあまり感じないのですが、遺産分割協議書の作成は省略しても問題ないでしょうか?私も弟も日中は仕事がありあまり相続手続きに時間が取れないため、できるだけ手間を省きたいと思い質問させていただきました。(小郡)

遺産分割協議書は相続手続きのためにも、今後の安心のためにも作成がおすすめです。

遺産分割協議書は、「遺産をどのように分け合うか」について、相続人全員が合意した内容を取りまとめた書面のことで、相続人全員が書面に署名捺印することで完成します。

遺言書が遺されている場合、相続では原則として遺言内容が優先されますので、遺言の指示内容に従って相続手続きを進めます。それゆえ、相続人全員で遺産分割について話し合う必要もなく、遺産分割協議書を作成する必要もありません。

しかしながら今回の小郡のご相談者様のように遺言書がない相続の場合は、相続人全員による遺産分割協議を行い、協議により決定した内容をもとに遺産分割協議書を作成します。この遺産分割協議書は相続した不動産の名義変更など相続手続きの際に活用しますので作成しておきましょう。

【遺産分割協議書の活用場面 ※遺言書が無い相続の場合】

  • 相続税申告
  • 不動産の名義変更(相続登記)
  • 金融機関での手続き
    ※手続きの際に遺産分割協議書の提示は必須ではありませんが、預貯金口座が多い場合は、遺産分割協議書を提示することでその都度所定の用紙に相続人全員が署名捺印する必要がなくなり、手間を省けます。
  • 相続人同士のトラブル発生時

相続手続きを円滑に進めるためだけでなく、将来的な相続人同士のトラブル回避にも遺産分割協議書は役立ちます。相続では大きな額の財産が動く機会となります。一旦話し合いが落ち着いたと思っても、あとになって意見の食い違いが生じたり、当初の内容とは異なる意見を後になって主張されたりという可能性も否定できません。日ごろから仲の良い親族同士でも、相続トラブルによって亀裂が生じてしまったケースも少なくないのが実情です。後々のトラブル回避のためにも、遺産分割協議書があると安心です。

相続手続きは煩雑なものも多いですが、相続の専門家が代行することも可能です。日中お忙しい小郡の皆様は、相続の専門家に対応を依頼することも是非ご検討ください。

小郡・朝倉相続遺言相談センターでは小郡の皆様に向けて初回無料相談を実施しております。小郡の地域事情に詳しい行政書士が、相続に関するさまざまなお悩みにお答えいたしますので、是非お気軽にお問い合わせください。

朝倉の方より相続についてのご相談

2024年04月03日

相続手続き 朝倉市

行政書士の先生、相続手続きを進めたいのですが、通帳が見つからず困っています。(朝倉)

朝倉の実家でひとり暮らししていた父が亡くなり相続手続きを進めているのですが、ひとつ困ったことがあります。父の預金が入っているはずの口座の通帳が見つからないのです。

私たち家族は、私が幼いころから年に一回家族旅行に行くのが恒例行事となっており、父はその費用を貯めるために専用の口座を設けていました。私たち兄弟が朝倉の実家を出てからは家族旅行に行くこともなくなりましたが、父はその口座にお金を入れるのが習慣になっていましたし、何かあったときのためにとお金を貯め続けていたそうです。その口座は父が管理していましたので、私たちはどの銀行に口座があるのかさえも分かっていません。数十年前に母が他界して以来、父はずっと1人で朝倉で暮らしていましたので、通帳の保管場所を知っている人もいません。行政書士の先生、どうすればいいでしょうか?

通帳がなくとも、相続人の証明ができれば銀行に対して残高証明書などを請求することができます。

まずは朝倉のご実家で遺品整理される際に、遺言書や終活ノートのようなものがないか探してみてください。キャッシュカードや通帳が見つからずとも、もしかしたらお父様の身に万が一のことがあったときのために、財産に関する情報をまとめて、どこかにメモしているかもしれません。

銀行口座に関する情報を書かれたものが何もない場合は、他の手がかりを探してみましょう。どこの銀行かも分からないとのことですが、取引のある銀行から郵便物や、カレンダーやタオルといった粗品は届いていないでしょうか。そこに記載された銀行に問い合わせてみましょう。そのようなものも見つからない場合は、朝倉のご実家の近くなど取引がありそうな銀行に目星をつけて、ひとつひとつ問い合わせていくことになります。

相続人は銀行に対して、被相続人の口座が存在するか否かを問い合わせることができます。また口座が存在する場合、残高証明などの情報開示も請求できます。その際、相続人の証明のために戸籍謄本一式の提出が必要となりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

財産の調査だけでも手間がかかりますが、相続では時間も手間もかかる手続きも多く、思うように進まないといったお声もよく聞きます。相続手続きは相続の専門家に対応を依頼することもできますので、財産調査や財産の名義変更など、ご自身での対応が難しいと感じる際は専門家に依頼することもご検討ください。

小郡・朝倉相続遺言相談センターでは朝倉の皆様に気軽にご相談いただきたいという思いから、初回のご相談を完全無料で承っております。スタッフ一同、朝倉にお住いの皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

朝倉の方より相続についてのご相談

2024年03月04日

相続手続き 朝倉市

行政書士の先生、相続手続きがすべて終わるまでの期間の目安を教えてください。(朝倉)

朝倉の実家で暮らす父が亡くなり、相続手続きをすることになりました。相続人は母と私と弟の3人で、相続する財産としては朝倉の父名義の自宅と土地、預金と自宅に合った現金を合わせて1,000万円ほどがあります。

私は朝倉の実家の近くに暮らしていますが、弟は朝倉から離れたところに住んでいますので、基本的には私がメインで相続手続きを進めなければならないと思っています。ただ正直日中は仕事があるので、相続手続きのためのどの程度時間が捻出できるか分かりません。行政書士の先生、相続手続きがすべて終わるまでの期間の目安を参考までに教えていただけますか。

取得した財産の種類ごとに、相続手続きにかかる期間は異なります。

小郡・朝倉相続遺言相談センターへのお問い合わせ、誠にありがとうございます。

相続で取得した財産のうち、一般的に相続手続きが必要な財産としては、金融資産と不動産が挙げられます。今回はこれらの手続きにかかる期間についてご紹介いたします。

【金融資産の相続手続き】
預金、株などの金融資産については、被相続人(亡くなった方)の口座の名義人を、取得した方に変更するか、あるいは口座を解約して現金を相続人同士で分け合うという方法があります。手続きに必要となる書類は金融機関ごとに多少異なりますが、主に戸籍謄本一式、金融機関所定の相続届、遺産分割協議書、相続人の印鑑登録証明書などを提出します。
これらの書類収集に1~2か月ほど、金融機関での処理に2~3週間ほどかかるとお考えください。

【不動産の相続手続き】
不動産についても、被相続人の名義を取得した方に変更する手続きを行います。この名義変更の手続きを「相続登記」といいます。相続登記に必要となる書類についても相続のご状況によって多少異なりますが、主に戸籍謄本一式、取得する人の住民票、被相続人の住民票の除票、遺産分割協議書、相続人の印鑑登録証明書、対象不動産の固定資産税評価証明書などを集めます。相続登記の申請は、その不動産の所在地を管轄する法務局にて行います。
こちらも書類収集に1~2か月ほど、法務局での処理に2週間ほどかかるとお考えください。

今回は朝倉のご相談者様の相談内容から、必要となる一般的な手続きにかかる期間の目安をご案内いたしました。ただし、ご状況によってはさらにお時間がかかる場合もありますのでご了承ください。
例えば朝倉のご自宅で直筆の遺言書が見つかった場合や、相続人の中に未成年者や認知症患者の方がいらっしゃる場合は、家庭裁判所での手続きも要します。

朝倉での相続手続きなら、小郡・朝倉相続遺言相談センターの行政書士にお任せください。私どもは相続を専門としており、朝倉やその周辺にお住いの皆様から数多くの相続に関するご相談やご依頼をいただいております。また、司法書士や税理士などの専門家とも連携しており、さまざまな相続手続きに対応できる体制を整えております。
豊富な知識と実績をもとに朝倉の皆様の相続手続きが円滑に進むようお手伝いいたしますので、まずは小郡・朝倉相続遺言相談センターの初回無料相談をお気軽にご利用ください。

相続・遺言・生前対策に
ついて知る

お手続きの方法や内容を、相続に不慣れな方でも分かりやすいよう解説します。

相続の基礎知識について

小郡・朝倉相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

1

まずはお電話・メールにてお問い合わせください

無料相談にて相続・遺言に関する相談をご希望される方は、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。お客様のご希望される日程をお伺いし、当事務所の専門家のスケジュールを調整させていただいたうえでご来所日・ご訪問日のご予約をさせていただきます。

2

笑顔に自信のあるスタッフがご案内・ご対応いたします

皆様に安心・リラックスしてご相談いただけるよう、スタッフ一同、笑顔でご案内およびご対応させていただいております。 また、当事務所の場所や道のりがわからない場合は丁寧にご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

3

お客様の現在の状況についてお聞かせください

90分~120分程度のお時間を設け無料相談をさせていただいております。お客様のお悩みやご要望について丁寧にお話を伺いしておりますので、どのような事でもどうぞお気軽にご相談ください。
無料相談において必要となるお手続きをご案内するとともに、費用についても明確にご提示させていただいております。

小郡・朝倉相続遺言相談センターの
初回相談が無料である理由

小郡・朝倉相続遺言相談センターでは、相続・遺言のお悩みに関して、完全無料90分~120分の無料相談サービスをご用意しております。お客様のお話をじっくりとお伺いし、その内容に合わせた提案をさせていただきます。
まずは抱えていらっしゃる相続・遺言のお悩みをお聞かせください。お客様の悩みやご要望に寄り添いながら、最適な解決策のご提案をいたします。

ご相談内容に基づいて、具体的な手続きや方法をご案内いたしますが、ご依頼いただくかどうかは、ご自身の意思によって決定していただくことができます。弊所を後にしてから、信頼できる方々と十分にご相談いただき、慎重に判断してください。どうぞ慎重にご検討ください。

遺産相続・遺言書・
生前対策・家族信託で
累計500件超の受任実績!

相続・遺言の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 小郡市・朝倉市・筑前町・大刀洗町を中心に、
相続・遺言の無料相談!
0942-80-8291
メールでの
お問い合わせ